皆さんこんにちは。

日本で唯一!クラブミュージック専門のDTMスクール『Eclipse Digital Music School』(LOGIC PRO、ABLETON LIVE、CUBASE,PRO TOOLS対応)代表松田です。


本日はEDMで使われているキックの作り方をご紹介致しますね。


キックの制作にはサンプルを使って加工する方法もありますが、
様々なコントロール出来るsonicacademyのKICK SYNTHESIZERを使いました。


http://www.sonicacademy.com/kick


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



この中にあるプリセットROMERO 12を加工しました。
 


PITCHのセットはこちらを参考にしてください。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



ポイントは
アタック音を強くする、LENGTHを短めにする事です。
短くする事でベースとうまく重ねることが出来ます。

音はこちら

KICK SYNTHESIZERをお持ちでない方の為にサンプルを御用意しましたので
こちらよりEDM KICKのサンプルをダウンロードして使って下さい。


 

 

次にベースです。


ベースにはLOGICのESMを使います。

まずESMのセットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







次にMIDIです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 


キックとベースとを合わせるとこちらになります



キックとベースを別々で打ち込むと音階がつけられ、トラックの幅が広がりますね
皆さんもこれらを使ってベースに変化を加えて下さい。

 


更にキック、ベースにエフェクトを加え、シンセとミックスするとこちらの音になります
 

 


受講頂いた方には音を更に良くするエフェクトのセットや、ミックスの方法をお伝えしています。





【EDMSはハイクオリティーなサウンドクリエイターの輩出を目標としシーンの活性化を目指しています】


----------------------------------------------------------------

クラブトラック制作のコツをお伝えする無料メールマガジンを発行中!
国内トップの配信数を誇るメールマガジン配信スタンド【まぐまぐ】にて早々と殿堂入りをはたしました。 

読者登録はこちら→ http://www.mag2.com/m/0001594766.html