DTM講座 DUB STEP (ダブステップ)BASS(ベース)の作り方

皆さんこんにちは。
EDMS代表松田です。

このページではDUB STEPのWobble Bassの作り方を紹介していきたいと思います。

皆さんも同じようにやってみて『自分でも出来る』ということを実感してみてください。
 
今回はLOGIC付属のソフトシンセES2を使います。

①プリセットの12 Tutorial SettingsからAnalog Saw Initを選択します。
②次にES2をキャプチャー同様にセッティングしてください。

③オシレーター2をring1にするにはsineにしたあと、パソコンのcontrlボタンを押しながらsineをクリックすると選択できるようになります。
ここ迄セッティングが完了するとこのような音になります。

④モジュレーションマトリクス1をそれぞれ
CUT OFF1 / LFO2にセッティングし、
モジュレーションマトリクス2をそれぞれPitch2 / LFO1のセットします。
スライダーの位置はキャプチャーを参考にお好みの位置をみつけてください。

⑤LFO1を最大に、LFO2を1/8にしてください。
LFO2のスライダーを動かすとパターンが変化します。

今回のポイントはLFO2を使ってCUT OFFをコントロールしているところですね。

1/8と1/16など複数のトラックを使って組み合わせるとフレーズが作りやすいです。

出来上がりはこちら。


こちらのDTM講座があなたのトラック制作にお役にたてれば幸いです。