EDM、プログレッシブハウス、

シンセサイザー音の作り方 ①(マッシブ編)

皆さんこんにちは。

EDMS代表松田です。



まずはリリース予定のこちらのトラックをお聞きください。

 

 

 

 

 

 

 

 


こちれらのシンセ音はMassive、SYLENTH1、ES2が音源になります。
メインのシンセはMASSIVEです。

 

今回はこちらのシンセサイザー音の作り方を御紹介致します。

 

 




全体のセッティングはこちらです。

 

 

 

 

 

 

 



最初にFileメニューよりNew Soundを選択します。
 

 

 

 

 

 

 

 



オシレーターは3つともPLUSE-SAW PWMを使います。

 

 

 

 

 

 




次にそれらのピッチを少しづつずらして音に広がりをつけます。
そのことを『デチューン』と言います。



同じ歌を多人数で歌うと音が広がり厚くなるのと理屈は同じです。
同じピッチとデチューンをかけたものの違いを聞いてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



次に大切なのがVOICINGです。

UNIZONを4
PICH CUT OFFをキャプチャーに従って設定して下さい。


UNISON0は設定した音をいくつ重ねるかを決めます。
PICH CUT OFFは重ねた音を設定した数値、

この場合は0と1ですので半音の間で発音させる事ができます。

ここもデチューンと考え方は同じで

厚みと広がりをつけることができます。





次にNOISE、FILTER、EQを

キャプチャーに従ってセットして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


完成するとこういう音になります。

 

 

 


キックと併せるとこちらになります。

 

 


音ができたら何かパターンを打込んで下さいね。

ちなみに私のMIDIデータはこちら。

 

 

 

 


 

次回は音を重ねる方法をお伝え致します。

massive1 - edms
00:00 / 00:00
massive&kick - edms
00:00 / 00:00