EDM(Martin Garrix Style)シンセサイザー音の作り方 SYLENTH1編

 

最初に SYLENTH1のPART A をセットして下さい。

こちらでのポイントは、「音程を少しずらす(デチューンする)」ことです。

次にフィルターです。

まずはFILTER CONTROLのセットです。

 

 

そしてPART Aのフィルターです。

BANDPASS FILTERを使います。

ここまでの音はこちらです

 

midiはこちら

次にSYLENTH1のPART Bをセットして下さい

そしてフィルターBです。

PART Bの音はこちらです

 

2つ同時に発音するとこちら


ABのバランスはこのようになってますが、自身のベストバランスをみつけて下さい。

つぎにモジュレーションの設定です。


まずは、MOD ENV1です。
エンべローブを使ってピッチをコントロールしています。
この場合は短い時間でピッチをさげているので結果アタック音が加わっています。

音はこちら

 

 

 


次にLFOの設定です。

LFOを使ってCUT OFFをコントロールしています。

音はこちら
 

 

 

 


次にPORTAMENTの設定です。
ピッチの移動が滑らかになります。

音はこちら

 

 


これらはモジュレーションの代表的な使いです。
これらのテクニックを既存のプリセットに加え更に良い音に変化させて下さい。

次にエフェクトの設定です。

最初はDISTORTの設定です。

音はこちら
 

 




次にREVERB

音はこちら

うっすらとリバーブがかかっています。
リバーブの成分はお好みで増やすなどして下さい!

 

 

 

 

 


最後にCOMPです。

音はこちら



それぞれ大切な設定ですが、DISTORTが劇的に変化しましたね。

この音を使って何かフレーズを作ってみて下さい!